「英語」と「英会話」の違いって何か?

本日は「どうやって英語の勉強をしたら良いか?」についてご案内したいと思います。

動画でご覧になりたい方はこちら

まず「英語」と「英会話」の違いって何か?についてですが
「英会話」と言うのは全てが含まれます。「英会話」の中に「英語」があると思って頂ければ良いかと思います。
「英会話」にしか無いものは何かというと、「スピーキング」と「発音」です。

「英語」にあるのは、「発音記号」になります。
なので、会話の練習をするのが大前提となります。
「英会話」を上達させるには何をしたら良いのかというのは「会話の練習」をするというのが一番重要になります。
これをやっていない方が非常に多いです。

英語を勉強したとは言うけど・・・。

例えば
「中学や高校や大学で6年や10年、英語を勉強したのに全く(殆ど)英語が話せません。」
よく聞いたことはありませんか?
では実際にその6年や10年の授業で、会話の練習をどれくらいの時間やりましたか?という話です。

多分、6年間だとしてもトータルで2週間も無いかと思います。
なので、当然、話せる様になるわけがありません。

なので英会話が出来るようになるにはどうすれば良いかというと、

「会話の練習」をすれば良いのです。
この「会話の練習」と言うのは、1対1~1対4くらいの間で会話の練習をするというのを絶対にやって頂きたいです。
これをしない限り、会話の上達をするというのはあり得ません。

「英会話」を上達させたいなら「英会話」の練習をする。ものすごくシンプルです。
日本語は「読み書き」の練習が習慣化されているので英単語のスペルを練習したり、英文を読んだりするのです。
つまり英語を「読み書き」で学ぼうとしてしまうのです。
ところが英語と言うのは「読み書き」ではなく「聞き話し」になりますので、特に「会話」です。「話し」に関しては相手が居ないと絶対にできませんので、この「話し」を必ずやって頂きたいと思います。
これが本当に重要です。「英会話」を上達させたいわけですから「英会話」の練習をすれば良いのです。ものすごく簡単です。
なので「自学自習」では駄目なのです。
自学自習では駄目なので、その中でもなんとか上手くできないかと思いついたのが「ダイレクト英語脳®」のトレーニングのビデオになります。

「ダイレクト英語脳®」は、イーミックスの登録商標で「英語」で考えて「英語」で答える為のトレーニングです。
そのビデオを観て、口で言う事によって、英会話力を上達させるという、そういったプログラムとなっております。
こちらをコンスタントに出して参りますので、皆さんの英会話のスキルを最短で上達させることによって、皆様と豊かな人生を歩んで行きたいと思います。