素早く手軽にできる 英会話超初心者の英会話上達法

本日は、素早く手軽にできる
英会話超初心者の英会話上達法についてご案内したいと思います。

動画でご覧になりたい方はこちら

超初級の方はどこから英語を始めたら良いのか?

イ―ミックスは初心者専門校なので、基本的には初心者や、超初心者の方が多くいらっしゃいますが、特に超初級の方から、どこからやれば良いのか分かりませんというご質問をよく受けます。
どうすれば良いのかを、簡単にご案内しますと、

まずは「アルファベット」です。
大文字・小文字共に、これは確実にやって下さい。
次に「曜日」、「月」こちらはできればDecemberから逆に言える様になると良いです。これがクリアできたら次は「基礎単語」です。

例えば「watch」や、「chair」や「desk」、「dictionary」、「eraser」、「school」などです。

殆どが(頭に)入っているとは思いますが、抜けている場合があります。
例えば「brother」の反対語は?と言われたら「sister」、「old」の反対は「new」または「young」、

「son」の反対は「daughter」
「father」の反対は「mother」
「hot」の反対は「cold」
「warm」の反対は「cool」
「stand」の反対は「sit」など
この様な「基礎単語」を、やって頂く事です。

 

まずは「単語」からやって頂くのがポイントです。

超初級の生徒様がまずやって頂くのは「単語」です。
単語の意味が分からなければ、考えて分かるものではありません。
先程「son」の反対は「daughter」と申し上げましたが「daughter」の意味を知らなければ
私が「daughter」を10回言っても分からないわけです。
なので「基礎単語」は、徹底的に覚えて下さい。これが超初級です。
具体的に申し上げると、英検5級や4級の単語を覚えていく。これがポイントです。
言葉というのは、まずは「単語」です。単語を知らなければ答えようがありません。

この次が「不規則変化の動詞」です。

この次が「不規則変化の動詞」です。例えば「go」だったら「went」、「come」なら「came」、
「think」なら「thought」など、この様な形です。
これらをまずはやって下さい。
これらをやらずに、次の段階へは行かないで下さい。
これはとても重要です。

私が今申し上げた事が9割できていなければ、9割できるまで覚えきって下さい。それから次のレベルへ行って下さい。
一番重要なのは「覚えきる」という事です。何となくではなく「覚えきる」です。
例えば「掛け算九九」は、何%覚えているでしょうか?8の段は少し自信がないので80%でしょうか?100%覚えていますよね。これと同じです。

まずは「アルファベット」、次に「曜日」、そして「月」、「基礎単語」、「不規則変化の動詞」
これをまずは9割~100%、これらをまずはやって下さい。
これをやらずに次へは行かないでください。これを確実にやれば、確実に上達します。
これは「確実に」と断言します。

超初級の方はまずは「単語」を覚えて下さい。

次に「自己紹介」で宜しいかと思います。
「I’m Masaki.」
「I live in Ichikawa.」
「My hobby is playing soccer.」など、この様な
基礎単語や、基礎フレーズ「See you.」や「How are you?」などです。
この様な事をまずやって頂くというのが超初級までの流れになります。

次回の動画では、初級の方がどの様にして初中級へ行くかについてのご案内になりますので、次回も楽しみにしていて下さい。

本日もありがとうございました。