私が15年以上前にワーキングホリデーで1年間カナダへ行った価値とは?

「私が15年以上前にワーキングホリデーで1年間カナダへ行った価値とは?」

について、ご案内させて頂きたいと思います。

同じ事をやるにしても人によって得られるものや価値は違うと思いますが
私にとって転機だったと思います。
26歳の時にカナダへ行き、27歳で帰ってきて28歳で会社を始めていますがこの時にやった「価値」と言うのは金額では表せませんが、あえて言うのであれば多分「2億円」くらいの価値があったのではと思います。

英語を習得することによるメリット

どういう事かと言うと、まず「英語を習得することによるメリット」が物凄く大きいです。
これがまず1つで、2つ目の「海外に1年間住む」と言うのが1年というのは短い様で意外と長いので、この体験する時間や経験は買えるものではありません。
今はコロナの影響でなかなか難しいですが、もし海外へ「行きたい」と思ってらっしゃるのであれば、行かれることを私はお勧めします。
と言うのは、そこで得られる物の「価値」と言うのがすごくあるからです。

私の場合はカナダへ行く前に3つの事を習得しようと思っていました。
まず1つは「英語を習得する」事、「ビジネスチャンスを見つける」事、(どういった物が流行っているのか、どういったものを日本に持ち込めば流行るのか)、あと1つは「自分自身が強くなりたい」と言うのがありました。

また、私は21歳の時に会社を始めたいと思いました。
何故かと言うと私はアトピーが酷く、大学も一浪しても自分の希望した大学に入れなかったので、就職できないと思ったのです。
就職できなければ就職しなければよいと思い、それから起業しようと思ったのですが
私に能力や勇気が無かったので21歳に(会社を)始めると言っておきながら、ズルズルと年が過ぎて行き、カナダへ行って戻って来て結局、会社を始めたのが28歳の時でした。

「自分の存在を社会に証明したい」

ただ、私がもしカナダへ行かなければ、もしかしたら会社を始めないでそのままになっていたかも知れないです。
もっと言ってしまうと、第一希望の大学に入っていたらもしかしたら会社もやっていなかったかも知れないです。
反骨精神がありましたで、カナダでとても悔しい思いや卑屈な思いをして、何とか見返してやりたいという思いがありました。
誰から言われている訳でもありません。「自分の存在を社会に証明したい」という思いがありました。
そのきっかけとなったものが、カナダへのワーキングホリデーでした。
そういう事を考えると、今、これから海外留学したいと思っているのであれば
今一歩、前へ進むという事をやってみても良いのかなと思います。
それが、私の経験談です。
是非、ご参考になさってみて下さい。

本日もありがとうございました。