音読や暗唱について

音読や暗唱

 

今日は音読や暗唱について書きたいと思います。私はいまスピーキングに力を入れて勉強しています。

その中で特にこの二つは効果的です。(ほかの分野にも非常に有用です)

 

具体的なやり方は以下の通りです。

1、モデルを音読する。(スラスラできる様になるまで。)

2、CDに合わせて音読する。

3、本文を見ないで、CDを一文ずつ停めながら追いかける。

4、シャドーイング

5、暗唱する。

 

ここまでやるとたった30秒程度の文章でもかなり大変です。

しかし必ず力が付くはずです。

最初は真似してるだけなので、意味があるか疑問に思う事もあると思いますが、暗唱までできるとその話し方は完全に自分のものとなり、言いたいときにスラスラ言えます。

また、これを続けていくと、どんどん応用が出来ます。

 

よって、この勉強法はおすすめです。

多読について。

これは主に文法などの基礎がかたまった人にお勧めです。

とにかく、読む。それだけです。

興味のあるペーパーバックなどを読むことがおすすめです。

ある程度のレベルになれば、勉強と言うより、ただ読書を純粋に楽しめる様になるでしょう。

 

読めば読むほど、スピードも理解力も上がります。

コツとしては辞書は引かないことです。(引かなくても分かるレベルまで事前に上げましょう)

 

ちなみに私は、大学の授業の関係が大きいですが、週に最低でも50pくらいは読んでいます。

 

音読

 

何度も書いていることになりますが、あらためて語学において、音読は重要であるともいます。

 

私は以前中国のトップ3の大学の日本語学科の学生と交流した時、彼らは毎朝校庭や教室の隅でぶつぶつひたすら暗唱していました。

毎日のように暗唱が課されるので学校ではもはや当たり前の光景となっていました。

 

教室の炭でやるのは自分の声が響くからいいんだそうです。

他にも、トイレやお風呂をお勧めされました。

 

場所はともあれ、私ももっと音読の比率を増やして、すらすらと自分の言葉が話せる様になりたいと思っています。

 

 

前の記事

英検2級の合格の仕方

次の記事

リスニング