モテる英会話 金髪女性と最短で仲良くなれる方法

こちらのブログはYOUTUEBで出ている映像の基本文字お越しをしております。そのままですので話し言葉です。 元の映像をご覧になりたい方はこちらへ モテる英会話 金髪女性と最短で仲良くなれる方法

皆さんこんにちは。イーミックスグループ代表の濱野将樹と申します。本日は、私の限定の講座になるんですけども、「モテル英会話」についてご案内したいと思います。

別名「金髪美女と最短で仲良くなる」という、こういう講座ですね。これ何かという事をご説明させて頂くんですが、これはですね、ものすごく簡単なんです。

外交的になれば良いという事なんですね。まず、声をかけるという事をしないといけない。だから自分のマインドを高める必要があるという事なんです。 ですので、うちの講座では、「English with confidence講座」なんですね。

英語はできるのが当たり前なんですね。英語を通して世界と対峙できる自信を形成して3つの力、これが人間力と仕事力とそしてモテ力、このモテ力についての今日、ご説明になるんですけども仕事ができる方と英語ができる方とモテル方ってこれ共通しているんですよね。共通してる。

何かというとまず第1が自己概念がです。「どうせ私は」とか言う人っていないんですよね。思い込みなんですよこれ。確固たる事実と思い込みの2本立てなんですね。自分が「あ~私なんて~」こんな素敵な人に声をかけるのは、何て言ったら良いのかな~。

申し訳ないっていう風に思う方って、自己概念が低いわけですね。こういう方はまずモテません。だから自分がもっと堂々としている、もっと言っちゃうとですよ、断られても動じない位がちょうど良いという事なんですね。断る、相手の女性が断るというのはあくまでも意見を言っているにだけに過ぎませんからね。私がどう解釈するかという事なんですね。だから例えばどっか何かお誘いするじゃないですか。

 

ね、お誘いして、忙しいとか何とかっていうじゃないですか。これはこれで良いんですよ。本当に忙しいかも知れないんで、で、2回目3回目って声を掛けて、ダメな場合はだめでまあこれで終わっちゃうんですけども、この時にですね、相手のメリットを考えてやって頂くという事なんです。つまりこれ全部相手なんですよ。いいですか。これすごく重要ですよ。だから自分に自信のない方って自分から話すこともしなければ、相手から引き出す事もできないんですね。なので相手に話させるという事をして頂きたい。

 

特に英語圏方って、自分が主張するので、自分の言ってることを相手が聞いてくれる人にモテルんですよ。

いいですか。日本人が相手ですね、いわゆるコケ―ジョン、白人の方ですね、英語でコケ―ジョンっていうんですけども、うまく取り入れる唯一の長所はですね、英語力がないわけですから、どこまでネイティブほど、相手の話を聞こうという事に専念をしてくださいという事なんですね。これ日本語でも一緒なんですよ。良いですか。例えば私がこうディベートする時なんですけども大体8:2 まあ多くても7:3の割合です。

何が2で何か3かと言うと、私が話す比率です。相手が7もしくは相手が8、1:9位でも良いんじゃないんですか、極端な話、つまり相手に話してもらうようにすれば良いんですよね。

相手に話してもらう、ね。相手に自分の話したいことを心地よく話させてあげて心地よく聞いてあげるという、こういう事をして頂きたいんですね。 いわゆるこれ「傾聴」という言い方をするんですけども。

英語圏の方、特にアメリカ人の方は、自分自身の話をしたがりなんですよ、だから聞いている人をすごく好きになります。

 

女性も一緒ですよ、日本人の女性も外国人の女性も一緒なんですよ。

自分の話を聞いてくれる人、自分の話を受け入れてくれる人を人は好きになるわけですから、自分の思いを一方的に言わなくても良いんですよね。で、英語の場合は、そこまで英語力がそもそもありませんから、そういう事できませんので、より良いって言えば良いんですよ。

ここでですね、金髪であろうが日本人であろうが同じなんですけども、自分の自己概念、自分をどう見ているか、低いと、やっぱりそれは影響します。でもこれって、思い込みなんですね。細かいことについてはですね実践の講座でやらせて頂くんですけども、このマインドっていうのがものすごく重要になります。宜しいでしょうか。

 

まあ弊社はですね2005年の創業以来、延べ4万5千人以上の方を見ておりましてですね、やっぱりモテル方と英語ができる方とは共通しているんですね。

だからモテない方も仕事ができない方っていうのも英語が出来ない方も共通しているんですよ。であればですよ、できる方の真似をするって言うのが一番早いんですね。じゃあなぜしないのかっていう事なんですよ。何故しないのかというと、自信がないからなんですね。

面白いですよね。自信がないから自信がある方の真似をしようってなると思うんですけど、そうはならないんですね。何故かって言うと自信が無いからなんですね。何か、頓智な話をしていますけどね、これ面白いんですよ。自信が無いから学ぶんじゃないんですよ。勉強できないから勉強しようと思うです。

だからこれね、何回も言いますけど素直な方って伸びるんですよ。いいですか。素直な方は伸びる。だからですねこの「モテル英会話」って何かっていうと、私が英語ができた部分をモテるっていう部分に応用してやっているんですよ。 内面と外見なんですね。これ両方やるんですけども、この講座ですね、特別枠に1つ設けておりますので、興味あれば是非お申込み頂ければと思うんですけども、人生がかわります、明らかに。悪くなるという事はまずあり得ません。絶対、ね。だからこの時に一番ポイントなのはモテない方ってケチだからお金を出さないんですよ。分かりますよね、

 

もう。自分の自己投資をするのにお金を出さないから、まあケチな方でモテル方はあんまいないじゃないですか。

自分の良くなりたい、自己成長に対してお金を投資しない方って結局モテない方なので。で、ケチな方を好きっていう女性の方って殆どいないんですよ実際。だってそりゃそうですよね。これ分かりますよね。だから自分に対していかに価値を提供できるかっていうことになるんですけども、モテル人の英会話の1つは、自己概念を高めるのがポイントなんです。じゃあ何で高めればよいかというと英語が出来るようになったっていうことに対しての自己概念が上がるわけですよ。

なんだかんだ私はイーミックスではですね、英語が出来るのは当たり前とは言いますけど、世間一般から見ると結構、違和感を覚えるそうですね。何故なら皆さん話せないからなんです。っていう事は、皆さんが出来ないことがご自身が出来るようになったら、これは確固たる自信になると思うんですよね。実際やっぱり英会話、英語を話せるようになりたいと思う方っていうのは、ある層までいらっしゃいますのでね。特に女性が多いです、男性よりも。

っていう事はですよ、女性が多いわけですよ、そういう風になりたいと思っている方が。男性でそういう風になっている人がいれば、教えることもできるわけですし、尊敬の眼差しで見るっていう事にもなりますよね。だから、ここをね上手く活用して頂きたいんですよ。宜しいでしょうか。いいですか。

 

まず概念なんですよ、自己概念、自分の自信。

だから、うちの講座は「English with confidence講座」なんですね。これ「English with confidence」も、弊社の登録商標ですので「英語の自信」なんですね。英語は出来て当たり前、英語を通して世界と対峙できる自信を形成する。形成することによって、人間力、仕事力、そしてこの「モテ力」ですね。

この3つを形成するという、まあこういう講座になりますのでね。で、内面と外面もやると。自分の深層のブレイクスルー、いわゆる固定概念を壊していくっていうのがねポイントなんですね。勝手にならないんですね。つまり、やり方も教えるんですけども、得られるものは「あり方」なんですね。なる「become」から「be」っていう事なんですね。

宜しいですか。これね、本当にね、重要。多分気が付いてしまったので、ここを提供しないのは、ちょっとおかしいですよね、会社としてはね。編み出して、これは明らかに価値のあるものですので、これを1人でも多くの人に提供はしたいんですが、1対1とか、1対2とかでトレーニングする事によって、ちょっと限られてしまうんですよね。

なのでこの特別講座に関してはですね1人、もしくは2人ですね。定員をもうけてですね、やらせて頂きますのでね、他にもエグゼクティブコースというのもありますからね、3か月のエグゼクティブコース。

全部やっていくんですね。これ全部やっていく。エグゼクティブとはですね、上級・管理職とかそういうことを言うんですね、エグゼクティブ。ですねで、このですね「モテル英会話」ですね、是非、男性の方、必見ですからね。

ご自身の人生が変わりますので。 英語が出来て更にモテるようになるんですからね、これ。モテるだけじゃないですからね。ダブルで得られますのでね。ものすごくメリットがある物じゃないかなと思います。人数が限られてしまうためですね、本気の方だけご案内したいと思います。

内面と外面、要はつまり女性の懐に入っていくんですね。でもその入っていく自分に自信がなければ入っていけない訳ですよ。断られたらどうしようとかね、「私なんか」みたいな人が、この人に声を掛けるのは、ちょっとどうなるんだろうかってこういうね、健全ではない自己概念がやっぱり原因の1つを作っているんですね。

ですのでまあ英語を通してですね、自信を形成してモテるようになって頂くというですね、宜しいかと思います。本気の方だけですね、本気の方だけ受け入れますのでお申し込み下さいますとよろしいかと思います。本日はありがとうございました。