正しい発音で英語を話すことは、英語学習においてとても大切です。
発音が悪かったり間違っていたりすると通じないこともあります。
逆に、そんなに英語が出来なくても発音がいいだけで
英語が出来る人に見えます。
カタカナ英語よりもかっこよく、ネイティブの人にも通じやすいです。
 
RとL、[θ]と[ð]など、
違う発音をすると別の意味に捉えられてしまうこともあります。
伝えたいことを正確に伝えるためにも、
正しい発音を身に付けることが英語学習には必要です。