英会話・英会話教室(スクール) 初心者専門校 千葉 東京(市川 本八幡 秋葉原)

幼稚園・保育園正課・課外レッスン

  • HOME »
  • 幼稚園・保育園正課・課外レッスン

 

イーミックスでは

幼稚園・保育園正課・課外レッスンを

実施しております。

 

正課と課外って何?

正課とは

通常の幼稚園保育園で組み込まれているプログラムです。

ここ数年で幼稚園や保育園の教育は大きく様変わりをしました。
英語を導入されているところは
かなり増えております。

 

 

ですのでまったく導入をしていない。各家庭に任せている。
という幼稚園や保育園もわずかながらございますが
ほとんどの保育園で導入されているのが現状です。

 

課外とは

これは保護者が任意で別料金を払って行わせるもの。
平たく言うと習い事を保育園や幼稚園で行っているものです。
だいたい、半分から3分の1の家庭が習わせております。

 

その理由として 

・2017年現在でも自治体によっては公立の小学校でも1年生から行っている。
・2020年からは小学3年生からすべての公立・私立小学校でもスタートする。
・2020年からは小学5年生・6年生からは実技ではなく
  英語は科目として評価対象になる。

・2021年からは今のセンター試験の方式がかわり通常のテストに加えて4技能(読み・書き・話す・聞く)の能力を計る問題を行う。

 

今までのようなお遊びで英語で触れるだけでも
その環境にいるということで一定の効果は得られます。
今後は、それ以上に実践的なものが求められてきております。

 

その拝見にあるのは訪日外国人の増加です。

 

今一年にどれくらいの外国人が日本に来ているの?

 

2017年12月現在で、昨年の過去最高だった2200万人と突破しております。

これは日本政府が東京オリンピックに向けて、3000万人や4000万人を目標にしていることが影響をしております。

しかしながら、訪日外国人を1000万人突破したのは2013年が初めてです

数年で倍以上の外国人が日本に押し寄せてきているのです。

 

 

いつからやらせた方がいいの?

 

仮にお子さんに英語を話せるようにする必要は全くない。

 

といった場合であっても遅くても小学3年生から英語が始まります。

小学5年生からは科目となります。(これは公立の学校での話です)


ですので全くお子さんにさせる気はない。

小学生からABCで始めたい。というのであれば
やる必要はないと思います。



しかしながら現状であっても小学4年生などで、ABCからアルファベットが書けない子と英検準2級レベルの子が
同じ教室で一緒に受けているという現状があります。


どうしてこのようなことが起こるかというと、小さいときから親御さんがお子さんに対してやらせているからです。
(0歳児からやらせている親御さんもいらっしゃいます)

英語は勝手に上達するものではありません。

どの科目もそうですが、何となくで
勝手に算数ができたり、漢字の書き取りができたりすることはありません。
学校や家で勉強するからできるようになるわけです。

 

園の方針で日本を徹底的にやって英語は全くやりません。
というのであればそれはそれでいいと思います。



ただ・・・・

スタートの段階で取り返しのつかないような差が出ているという
現状を考えた時に、

では園児に対していつから英語・英会話をやったほうがいいのか?

お分かりになると思います。

 

特に10歳の壁というものがあります。英語は日本語に比べて発音が難しいので10歳を超えると習得しにくいという事実があります。

 

 

では本当に始めた方がいい時期は?

物事はやりたい。やらないといけない。やる必要がある。
と行った時でないと始めません。

もしくはそれ以前にその存在を知らないとできません。


必要性と緊急性は相反します。 

つまり必要になってからでは遅い。というのが現状です。


例えば大学入試で医学部を受ける場合、試験は高校3年生の2月だから
それまでは勉強しなくていいや。と思うのか。
試験は高校3年生の2月からなので今のうちから勉強をしとくか。
の違いです。

当然ですが合格をされる方は後者です。



過去には戻ることは出来ませんので、いつ始めたらいいのか?
というのは検討しようかと思った時。
というのがやる時期だということになります。

 

参考までに 弊社のレッスンの様子

 

 

お気軽に英会話の相談・お問合せください。

 

 

doronko02
PAGETOP