英会話は練習すればするほどうまくなるというのは自明な事かと思います。

 

多くの人が留学や現地に駐在すれば誰だって話せるようになるよ、と言っているのをよく耳にします。

 

ここではその信ぴょう性については触れませんが、その発言の背景には日本にいたらできるようにならない、というのが見え隠れしているように感じます。

 

しかし自分の努力次第でどうにでも出来るはずなので当たり前のように思える二つの方法を紹介します。

 

上記のように海外に言っている人が話せる様になりやすいのはやはりその環境でしょう。

それは日本に居ても問題ありません。

 

一つ目の方法はとにかく話す機会を多く作ることです。

英会話教室に行く、英会話喫茶に行く、英語で行われる授業を取る、留学生のクラスにもぐる、道に困っている外国人に声をかける、などいくらでも方法はあります。

 

特に学生の方には英語の恐れずに英語の授業を取ることを強く勧めます。

ディスカッション、リーディングペーパー、ライティングアサインメント、プレゼンなど留学さながらの負荷を自分にかけることが出来ます。

 

しかし社会人の方や、忙しい方は上記の方法を十分にできないかもしれません。

 

そこで二つ目の方法です。

これも巷でよく言われていることの一つになりますが、常に英語で考えるということです。

 

自分の中で全部英語に変換してしまえば環境は全部英語という事になります。

一日にどれだけぼーっとしている時間があるでしょうか。

この練習を始めるとあらゆる時間を英語環境に変えることが出来るので、今まで時間がないと思っていた人もたくさん発見があるはずです。

日常の中で分からないことが多いという発見もモチベーションにつながります。

 

以上、自分から積極的に行動することで環境は変えられるでしょう。

 

 

 

inquiry2_green