カナダ留学

昨年の8月にカナダに3週間の語学留学へ行った時の体験記です。(20代の女性の体験記です)

それがわたしの初めての海外渡航だったので、きちんと現地の方とコミュニケーションが取れるか、知らないところへ行く不安でいっぱいでした。ですが、行ってみるとそんな不安はすっかり忘れて、とっても充実した時間を過ごすことができました。また、英語をはなす度胸がついたと思います。

わたしは、カナダのモントリオールというところへ行ったのですが、モントリオールにはフランス語と英語で話す人が混在しているようで、英語だけでなく、フランス語にも触れることができて面白かったです。たとえばお店に入ると、かならず店員さんが、「hello! Bonjour!」とあいさつをしてきます。それにわたしが英語で答えると英語で話してくれ、フランス語で挨拶をかえすと、フランス語で話しかけてくれました。

留学では、今まで知らなかった世界を知ることができ、そこで暮らす人たちと触れ合うことで、文化の違いや価値観の違いを実感できました。

自分の世界を広げ、幅広い価値観を身に付けるには、海外へ行ってみることが必要なのではないかと思いました!

留学をしたいけど、はじめての海外で不安、英語で意思疎通がとれるか不安だという方は、勇気をだしていちど行ってみることをお勧めします!

 夏のカナダは、日差しは強いけれどカラッとしていて、とても過ごしやすかったです。

授業では、カナダの文化や気候について英語で学び、学んだことを生徒同士で発表し合いました。その中で、正しい発音の仕方やアクセントを指導していただきました。自分で文を組み立てながら話すことの練習にもなりました。

授業が終わると、留学先の大学の学生と一緒に観光やショッピングをして、楽しんでいました!モントリオールのほとんどの観光地を巡ったのではないかと思います(笑) 観光しながら、たくさん学生と話して仲良くなりました。その友達とは今でも、facebookで繋がっています。授業はもちろんとても役立つものだったけれど、授業以外の時間も、自分にとってとても勉強になったし、良い経験ができたと感じています。

また、私は3週間の内のほとんどが寮での生活でしたが、3日間だけホームステイをさせていただきました。ホームステイは一日中、ホストファミリーとのコミュニケーションが必要だったので、たったの3日間でもかなり濃い時間が過ごせました。ホストファミリーは日本に興味がある人だったので、日本のことを話したり写真を見せたりして、とても楽しい時間をすごすことができました。また、一緒に料理をしたり、バーに連れて行ってもらったりもしました。