今回は、英語のアクセント(特にイギリス英語)についてお話したいと思います。

最近はイギリス英語が人気?というのはどうかわかりませんが、

イギリス人俳優(カンバーバッチなど)のハリウッドでの活躍、

One Direction(イギリスの人気ボーイズグループ)の影響もあり、

イギリスへの関心が高まっているように思います。

さて、イギリスと言えばRP、クイーンズイングリッシュと呼ばれる英語ですが。。(BBCで聞く英語です)

実は、イギリス人のほとんどはこのきれいな英語は話しません。

イギリスも地域により、様々なアクセント、方言が存在していて、スコットランドという地域で話されている

英語は、同じイギリス人も理解に苦しむほどだそうです。。

私のいたサウスヨークシャーでは、

例えば、

Hi という挨拶を Hiya(ハイヤ!)といったり、

Thank you のかわりに Cheers(チアーズ、通常は乾杯の意味)が使われていたりと

面白かったです。

イギリス人はアクセントの話が大好きで、誰か新しい人にあったらひたすら出身地をあてたり

していました。イギリスではアメリカ英語は少し嫌われる傾向があるみたいです。(悪い意味ではなく、からかわれることがある、(笑))

特に年齢が上の人ほど

「それはアメリカ英語だよ、イギリスではこういうよ」 といちいち直している人までいました(笑)

イギリス英語を聞きたい方、ぜひHarry Potterを観てください。

労働者階級の英語もでてきます。

inquiry2_green